インプラントの手術にかかる金額は!?

デンタルフロスは予防歯科の基本!食後に徹底!

毎日歯磨きをするというのが習慣になっている人が多いです。
毎食後に磨くという人は少なくても、朝と夜はほとんどの人が歯を磨きます。
それなのに、虫歯や歯周病になってしまうというのは、磨いているつもりでも磨けていないことが原因です。

実は、お口の中をきちんと磨くということは非常に難しいことです。
奥歯を磨こうとすれば、歯ブラシを奥まで入れなければいけませんし、舌があるので裏側を磨くのも難しいです。
タフトブラシといって、毛先が鉛筆のように細くなっているものは、奥歯や歯と歯茎の境目などの細かい部分を磨くのに適したブラシです。
歯ブラシだけで徹底的な歯磨きをするのは難しいのでタフトブラシなどの補助的なアイテムを併用しなければいけません。

虫歯や歯周病といったお口の病気は進行性で、一度なってしまうと自然に回復することはありません。
ですから、病気にならないようにするという予防歯科の考え方が広まっています。
予防歯科では、歯ブラシにデンタルフロスや歯間ブラシの使用を勧めています。
歯と歯の間というのは、歯ブラシもタフトブラシも毛先が入ることはありません。
そこで、糸のような状態になっているデンタルフロスや、歯間ブラシを使うことで隅々までお口の中をきれいにできます。

プラークは菌やその代謝物がまとまったもので、歯の表面に白くネバネバとした状態で付着します。
虫歯や歯周病の原因となるのがプラークですので、きちんと除去しなければいけません。
プラークはやわらかいので、歯ブラシやデンタルフロスで落とせます。

もし、歯を磨いた時に出血するようであれば歯茎が腫れている証拠です。
出血だけで痛みがないからと放置していると、歯周病になってしまいます。
歯周病は歯を支える骨が溶けてしまう病気で、重症化すると歯がグラグラしてしまったり、膿が出てきます。
口臭が出るようになり、最終的には歯に問題がなくても、歯が抜けてしまうこともあります。

予防歯科では、歯を残すために、虫歯はもちろん歯周病も防ぐケアをしていきます。
自宅でプラークを除去するというのは、治療の一環と考えましょう。
プラークをそのままにしてしまうと、硬くなり歯石となります。
歯石は歯ブラシでは落とせないので、歯科医院に行って専用の機械で取ってもらわなければいけません。
お口の中を清潔にするために、毎日の歯ブラシを行い、定期的に予防歯科で検診を受けることでいつまでも自分の歯で噛むことができます。

関連記事

  • 口内炎は歯医者で治療できる!即日完治!に関する画像
    2018.04.30

    口内炎は歯医者で治療できる!即日完治!

    口内炎は疲れや誤って噛んでしまうことを原因として発生します。 口内炎になると傷口に細菌が付いて、炎症と化膿を起こすことになります。 そのまま放っておいてもいずれは治りますが、実は歯医者さんに訪れれば比較的簡単に治療を行うことができます。 歯...続きを読む

  • 抜けた歯をどうするかは国や文化によって違うに関する画像
    2018.05.26

    抜けた歯をどうするかは国や文化によって違う

    生まれたばかりのときは1本も歯がない状態ですが、やがて乳歯が生えてきて、ある程度の年齢になると永久歯と生え変わります。 乳歯を日本では「ネズミの歯と替えてくれ」と言って床下・あるいは屋根の上に放り投げた経験がある方も多いでしょう。 丈夫なネ...続きを読む