インビザラインの手術にかかる金額は!?

インプラントを希望する患者さんが増えるにつれて、治療を提供する歯科医院も増えています。
今まで、永久歯が抜けてしまった患者さんには入れ歯しか治療法がありませんでしたが、インプラントの登場によりより快適に噛めるようになりました。
見た目もきれいで、自分の歯のように過ごせることができるのが人気の理由です。

インプラントはとてもいい治療なのですが、健康保険が適用されません。
そのため、費用は全額自費扱いとなります。
保険治療は国によって治療費が決められていますが、保険適用外の場合は歯科医院が独自に費用を決めることができます。
そのため、同じ治療をしても保険適用外の場合は、受診した歯科医院によってかかる金額が変わるということになります。
治療費は高額になる傾向にあります。

インプラントでは、検査をして治療ができるということが分かったら、手術が必要になります。
手術では、チタンでできたフィクスチャーと呼ばれるネジを顎の骨に埋め込みます。
手術は麻酔をしてから行うので、痛みを感じることはなく、1~2時間程度で終わります。

手術にかかる費用も、歯科医院によって差がでます。
インプラント1本あたり、10~35万円というのが手術代の相場です。
失った歯が多ければ多いほど高額な費用が必要になります。
フィクスチャーは国内外の様々なメーカーから、長さや太さが異なるものが販売されています。
患者さんの骨や残っている歯の状態に合わせて適切なものが選択されます。

手術の後はしばらく骨とチタンが結合するのを待つ期間が必要になります。
その後にはアバットメントと呼ばれる器具を装着します。
アバットメントとは、チタンと人工歯をつなぐための器具です。
この際に簡単な手術が行われますが、始めに行われる手術より時間もかかりません。
メーカーによっては、アバットメントを必要としないインプラントもあります。
構造はメーカーや種類によって異なるので、分からないことがある場合は歯科医師に相談しましょう。

インプラントの手術代には人工歯にかかる費用は含まれていません。
使用するセラミックなどの素材に合わせて、さらに1本あたり5~15万円の人工歯代が加算されます。
インプラントの費用は歯科医院によって大きく変わります。
1本あたりの費用が書かれている場合は、手術代のみの費用なのか、インプラントにかかる費用全てが含まれているのかを確認しましょう。
保険適用外の治療は、納得してから受けることが大切です。